鳴きに対するケアについて

麻雀で、下家が鳴きを入れてきた場合、
上家である自分の役割として、鳴かせないように牌をしぼるということがあります。

麻雀は、1度鳴いてしまえばもう鳴くリスクというのはありませんので、
鳴いたらどんどん鳴くのが普通です。
そんなとき、特にチーすることもできる上家の捨て牌というのは、
とても重要になってきます。

たとえば、下家が鳴いたそれが役牌とソーズであれば、
まずソーズのホンイツを疑います。そうしたら、
なるべく上家としてはソーズを切らないように手作りを進める必要があるということです。

しかし、しぼってばかりでは自分が和ることができませんので、
イーシャンテンもしくはテンパイと、
勝負できる形になったら放銃覚悟で切る勇気も必要になってきます。

麻雀を打っていると、
たまに自分以外の3人が全員鳴いているというときがあります。
そういうときは、下家にチーされないように、そしてそれ以外の他家にも
ポンされないような牌を切らなければならず、そういうときはものすごく神経を使います。

ですが、それがしっかりとできるようになれば、
それは自分の麻雀レベルがアップしたと考えて良いと私は思っています。

麻雀オンライン人気TOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ