マイナーな役である三色同刻

リャンハン役の中で、
私は過去に1,2回出したことがあるかないかという手役があります。
それは何かというと三色同刻に他なりません。

三色同刻は、メンゼンでも鳴きでもよくて、
同じ数字の牌を3種類各3枚ずつ集めるというものですが、
私はこの役で和った記憶がほとんどありません。

似たような役の三色同順は誰でも
数え切れないくらい和っている麻雀の代表とも言える手役ですが、
それとは違って三色同刻は、下手をしたらそんな役あったのか?
と思われているくらいマイナーな役だと私は感じています。
オンライン麻雀でも一緒ですね。

そもそも、配牌がきて「よし、三色同刻を狙っていくか」と思うことがまず圧倒的に少ないです。
そして、三色同刻をあまりにも出していないうちに、頭の片隅からその存在が消えつつあり、
そうした意識の中では、たとえ三色同刻ができそうになっていたとしても、
うっかりそれを見落としてしまう可能性もあります。

ですので、もう少し三色同刻に注意を払い、
狙って三色同刻を出してみたいと私は思っています。

麻雀オンライン人気TOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ