麻雀は心理戦

自分が最初に麻雀を始めたのは小学生の高学年頃だったと思う。
親がたまに知り合いの人達と麻雀をしているのを見ていて、
一体どんな遊びなのかと気になっていたものだ。

コマみたいなものをジャラジャラと混ぜ終わったら、
何か真剣な形相で並べていた。
そして親から少し見てみるかと言われて、
見たのだが最初は何のことかさっぱりわからなかったが、
説明を受けていると面白く感じてきた。

数日後親と色々教えてもらいながら対戦をして、
自分なりに麻雀を学んで行った。
そして高校生になって友人たちと麻雀をすることになった。

友人は麻雀が好きなようで、自分に経験済。いい対戦になると思った。
しかし友人は結構手ごわかった。分が悪くても一切顔に出さず平気な顔をしていた。
逆に自分はどうしても顔に出てしまっていた。

心理戦では完全に負けて、勝負にも負けてしまった。
ただ単に進めていくだけではダメ、
何かしらの引っ掛け的なものが必要なんだと感じた。
ここでまた麻雀の新しい楽しみを見つけたのだと思う。

麻雀オンライン人気TOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ