絶一門という戦法について

麻雀を何回も打っているとわかることですが、
配牌から最終型まで、手牌がマンピンソー字牌で
バランスよく整うことなどとても稀です。

麻雀というのは、
打っていると自然に牌が偏りをみせていくものであり、
そうそうすんなりとキレイな形にはならないのです。

ですので、私は手牌の中でマンピンソーのどれが強いのか?
ということを意識しながら打つようにしています。
これは、いわゆる絶一門(ツェーイーメン)と呼ばれる戦法の1つで、
手牌にあるマンピンソーの中から、弱いものを積極的に捨てていくということです。

手牌をバランスよく育てるということは、
見た目的にとても美しいので、なるべくならば私もそうしたいのですが、
そうせずに絶一門の戦法をとったほうが現実的には良い結果が出ることが多いです。

絶一門のときは、
ギリギリまで弱い種類の5などを残したりしますが、
やはり流れがないのかそれにくっつくことはあまりありません。

ですので、絶一門という戦法は、
とても有効な戦法だと私は思っています。

麻雀オンライン人気TOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ